トップページ > 家づくりのこだわり > 家づくりの特徴

家づくりの特徴

東洋プロパティが選ばれる6つの理由

理由1:完全注文住宅で自由設計

私たちが、ご提案している「家づくり」は、
完全注文住宅の自由設計の家です。

お客様の希望のご予算、ご家族の構成やご要望、
敷地の条件などに合わせてそれぞれのご家族に合う、
オリジナルな設計を行います。


価格はお値打ちですが、出来合いの間取りの中から選ぶ「企画住宅」ではありません。
体にぴったりとフィットしたオーダースーツを作るように、
お客様の生活環境、文化、価値観をしっかりとお聴きした上で、
オリジナルな間取りを提案していきます。

完全注文住宅の自由設計のご提案の流れは、下記のような手順になります。


■ステップ1

お客さまの今のお住まいの不満や改善したい点を、お聞かせいただく。


■ステップ2

新しい家の希望や、今のお住まいで気に入っているところをお聞かせいただく。

(時には、自らご希望の間取りをお持ちになるお客さまもいます)


■ステップ3

東洋プロパティの設計士から、間取りのご提案をさせていただく。


■ステップ4

お打ち合わせを行いながら、より理想的な間取りを作り上げていく。


このような流れで、ご家族のこれからの暮らし方や、
検討されている建築地の形に合わせた完全注文住宅の自由設計の家、
オーダーメイドの家づくりのお手伝いをしています。

理由2:家づくりの費用を明確にします

家づくりの費用とは建物本体以外に屋外給排水工事費・
仮設工事費・照明器具・カーテン・建築確認申請費・
第三者機関による保証費、火災保険、引越し費用、
新居での生活をスタートするための家具や家電、
そして消費税やその他の税金まですべての費用の合計のことです。

家づくりは大きな買い物ですからそれに伴う様々な費用というのも
必然的に大きな金額になってきます。

ですから家づくりを始めたときから新居での生活を始めるまでに
何にどれだけの費用がかかるのか明確にしておく必要があります。


家づくりで業者探しをしているとその広告の最初に目につくのが「建物本体価格」です。
驚かれるかもしれませんが、実は住宅の価格の表示方法には決められたルールがありません。
どんな表示をしても構わないのです。

それを逆手にとって多くの住宅会社が価格を安く見せるために
「必要なもの、なければ生活ができないもの」までオプションとして別途表示しています。
なかには、ローコスト住宅をうたっておきながら、オプションを巧みに加算する会社もあります。
「あなたも坪29.8万円でマイホームが持てます!」と広告に大きく書いてあるのに40坪の家が1200万円でなく、
なぜか2000万円になるのが現実です。

もちろんオプションが全くないということではありません。
「あれば便利だけど、なくても困らないもの」、簡単に言うと「ぜいたく品」をオプションとして選べるようにしています。
そんな、とりあえずの建築費を安く見せ、後から追加工事やオプションでお金を巻き上げるようなやり方は間違っています。
複雑でわかりにくい住宅価格ですが、お客様が安心して家づくりを進められるよう費用を明確化します。

「最終的に生活を始められる状態にするといくらになるのか?」東洋プロパティはそれを明らかにします。
良い設計で良い材料を使い、良い職人とつくる価値の高い私たちの自慢の家です。

次世代省エネ基準・耐震等級3相当・制振ダンパー・床下冷暖房システム「エコ床暖」・室内空気環境浄化システム「エアープロット」標準採用。

理由3:強引な売り込みは一切なし

家づくりは、一生涯に一度あるかないかの大事業。
すべてのご家族に、納得のいく後悔のない家づくりをしていただきたい私たちは、そのように考えています。

東洋プロパティでは、しつこい営業行為や無責任な値引勧誘などで
お客様に強引な押し売りをすることはありません。
なぜなら東洋プロパティの家づくりの価値や私たちの気持ちが
伝わっていない状態では理想の家づくりを完成することが出来ないと考えるからです。

ですから私ども東洋プロパティにご関心をお寄せ頂いた
お客様にのみ人生をより快適に楽しく豊かに生きていくために
納得した家づくりをしていただくことができるよう、
私たち東洋プロパティのメンバーは、全力をあげて支援、サポートさせて頂くことに徹します。

理由4:約束は守ります

家を建てる時に絶対に守らなければならない十か条


一、たとえ不利な情報であっても、すべてお客様に伝えなければならない。

二、お客様の不安や悩みをすべて解消しないうちに自分勝手な提案をしてはならない。

三、お客様の要望をそのまま聞くのは素人、よりよい提案をしなければならない。

四、ミスは正直に伝えなければならない、ウソをついてはいけない。

五、目先の便利さやコストを優先して、健康や安全を害するものをお勧めしてはならない。

六、家を売らんがための無理な資金計画をお勧めしてはならない。

七、お客様を大切な友人として守り続けていかなければならない。

八、家づくりに対する情熱はだれにも負けてはならない。

九、自分の子どもたちに誇れない家は建ててはならない。

十、たとえ当社が選ばれなかったとしても家づくりが成功するようお客様の幸せを心から願わなければならない。


代表取締役社長 樋口 隆行

家づくりはお施主様と住宅会社の
信頼関係がなければ絶対に上手く進みません。

また、同じ住宅会社で家を建てるとしても、
担当する人間が誰なのかによって、
その結果は全く違うものになってしまいます。

我々は、その責任の重さを
充分に自覚しなければなりません。
お客様が命を担保にして
建てる住まいを任せていただく覚悟。
お客様の疑問や不安に心の底から共感する優しさ、
それがない人間に家づくりをする資格はないのです。

だから、東洋プロパティの社員は
この10か条を胸に刻み込んでいるのです。


理由5:全てを公開する

東洋プロパティでは完成現場だけでなく、
建設中の現場も全て包み隠さずお見せしています。
そして東洋プロパティの家にお住まいのお客様宅の
内覧会も実施しています。

どの現場をどの状態でご覧いただいても
恥ずかしくないという自信があるからですが、
もちろんそれだけではありません。

家づくりを真剣に検討されるお客様が
一番しなければならないのは、
やはり最低でも3回の現場見学会に参加し、
実物を確認することだからです。

カタログはよく見えるように作られています。
営業マンは良いことしか言いません。
でも、現場はウソをつきません。

あなたの一生に一度の家づくりを
任せるに値する業者かどうかをご自身の目で
しっかり判断してください。

理由6:第三者機関による完全10年保証

家は人がつくるものです。
人がつくる以上、絶対に失敗がないとは言えません。

だからこそ万全を期すために、
そしてお客様に安心して生活していただくために、
東洋プロパティでは法定検査のほかに
第三者機関2社(JIOホームリサーチ)による
検査体制を導入していますが
その検査の回数は10回以上にも及びます。

また、定期点検を含めたメンテナンスは、
建築士・建築施工管理技士の資格を持った技術社員が担当します。
無資格の営業担当者が本来の仕事の
片手間で行えるような仕事ではないからです。

家は建てて終わりではありません。
日頃の適切なお手入れを行うことによって、
新築時の良い状態を長く保つことができるのです。

もっと詳しく知りたい方は